• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

こんにちは。

久しぶりの投稿です。

今日は最近とても気になっている

雑草のパワーについて語ります。笑笑

 

 

 

大人の身長程もあるこの草は

エクアドルに自生している名もない雑草です。

 

 

 

見た事のない植物を見つけては蒸留していたというゲリー・ヤング。

 

 

 

ゲリーの従妹でレインドロップトレーナーのタマラも言っていました。

 

 

「ゲリーと一緒に車でエクアドルを走ると、見た事の無い植物を見つけては車を止めて、片っ端から触って手についた匂いを嗅いでいた。」

 

とね。

 

 

 

彼はエクアドルに生えていた、この名も無い雑草を蒸留してみました。

 

そして出来たオイルが

 

 

ドラドアズール

 

 

 

ゲリーが蒸留した事で、初めて名前が付きました。

 

 

この植物の成分を調べてみたら

抗炎症や抗リウマチなどなど…。

 

雑草にしておくにはもったいないスグレモノでして。

 

 

私くし事ですが、以前から原因不明の不快症状が多くてね。笑

 

なんとなくリウマチっぽい

なんとなく難病っぽい

 

でも検査すると数値は正常。

 

でも痛いんです。

 

先生どうしたらいいんですか??

 

 

みたいな…笑笑

 

 

だからこそ

不自然を自然に整える植物エキスに

すごーく助けられました。

 

 

植物は人を癒したくて、そのエネルギーを放出するといいます。

 

ゲリーにはそんな植物の声が聞こえたのかな。

 

 

人気が無い、いわゆる売上的に戦力外のオイルでも

「このオイルが無いと困る人が一人でも居る限り、僕は作り続ける。」と言っていたゲリー。

 

もー

 

神ですわ…。

 

 

いつも私たちの身近に自生している雑草こそ

人間に必要なエネルギーを蓄えて

私たちの為にそのエネルギーを放出してくれているのかもしれません。

受け取って受け取ってーって。

 

 

二酸化炭素を酸素に替えてくれる事自体、私たちを助けてくれているし。

 

 

そして

どんな場所にも勝手に生えて来ちゃう逞しさもカッコいい。

 

 

 

 

管理人ミキティと愛する天才すわみんは、昔むかし私にローズ夫人と仇名を付けましたが、笑笑 大爆笑

 

 

実際のところは

雑草の逞しさと優しさと健気さに惹かれます。

 

 

ローズ夫人改め

ドラドアズールと命名?

 

 

アロマ先生 りほでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください