• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

 

こんにちは。

上の写真は、

先日、うちの窓から

夜明け前に撮りました。

こんなにも美しい夜明けが、じつは、

毎日のように繰り返されているんだという事に、

今更ながら、驚きと畏怖と感動を禁じ得ず、思わず撮った写真。

最近、早起きになったルーシィです。

 

ところで全く話はかわりますが、

理由はわからないけど、

なんとなく体調が優れない、

という人はいませんか?

 

そういう時は、

その不調を言い訳にして、

何かから逃げたいと思っていないか

チェックする必要があります。

 

それは、カラダからのサインです。

 

例えば、

気の合わない先輩が職場にいて、

自分がその人に責められていると

常に感じているとします。

 

そういう場合は、

弱い自分を演じて、体調が悪い方が、

その人から逃げる口実ができるから都合がいい、

と無意識下で思い込んでいるかもしれません。

そして、知らず知らずに

自分で自分の体を具合悪くしてしまっています。

 

子供の時、

学校に行きたくないと思っていたら、

実際に風邪をひいたり熱が出る

といった経験をしたことはないですか?

 

じつは大人になっても、

相変わらずみんな、それをやっています。

 

やりたくないことをやらなくていいように、

正当な言い訳作りのために、

本当に自分の体を病気にしてしまっています。

 

こうすべき、という建前があって逆らえない。

でもやりたくない、と本音では感じている。

それを「やりたくないからやらない」とは、言いづらい。

正直に言えないのは、自分の中に、

言えなくなるような「定義」があるからです。

 

わがままだから言っちゃいけないとか、

人のいう事を聞いて良い子にしてないといけない

と親に言われた事を、

未だ従順に守っているのかもしれません。

 

でも、そう思い込んでるのは、

じつは自分だけかもしれないのです。

 

逃げたい、避けたい。

そういったものがあるなら、

言い訳をするのをやめて、

なぜ逃げたいか、避けたいかという原因を

自分の中で突き止める必要があります。

 

そして、

「嫌だ」「やりたくない」という

ネガティブな思いを受け入れて、

上手に相手に伝える方法を身につける。

そこは大人の知恵を使いましょう♪

 

すべての不調は、

目の前の現象に対しての

「ネガティブな感情」を「否定」する、

自分が原因だと私は考えています。

 

私がその自分の心のトリップに気づいたのは

結構前ですが、

それまでは季節の変わり目や、

ひどい時は週末が来る度に体調を崩していたので、

自分は虚弱体質なんだと思い込んでいました。

 

ですが、そういった心のトリップに気づいてからは、

風邪すら引かなくなりました。

 

 

じつは、

ネガティブな感情を持つこと自体には、

何も問題はありません。

 

やりたくない、やめたい、嫌だ、と感じている

ということは、

自分の中に不調和が起きてるというだけで、

「現象」と「今の自分の本質」が

マッチしていないということです。

そして不調和は、

その徴として受け止めればいいだけです。

 

問題が起きるのは、

ネガティブな自分を「問題視」して

「否定」するからです。

だから、ネガティブな自分だって

認めてあげればいいと思います。

 

ネガティブな自分が、

本当はどうしたいのかを見つける事が大切なんですね。

感情は魂のナビゲーションシステムですから。

 

自分の感情を大切にする。

自分の体を大切にする。

すべては自分が作り上げています。

世界の見方を変えれば、

その現象は解消されます。

 

ですが、理屈でわかっていても、

ネガティヴな考えを「誤った考え」だと認識する癖は、

なかなか直りません。

 

そこで、

キャロリン・L・メイン博士の

オイルを使った感情解放をご紹介します。

 

以前、習った方法ですが、

少しだけシェアしたいと思います。

 

オイルで解放できる感情の種類は

たくさんありますが、

今日は「ネガティヴ(誤った考え)」について。

 

「ネガティヴ」な感情の反対側の感情は

「真実」です。

 

使用するオイルは、ピューリフィケーション。

塗る場所は、ヘソの上1インチ。

1インチは人差し指の第1関節と第2関節の間の長さです。

 

1、まずは自分のネガティヴ(誤った考え)に

意識を向けます。

 

2、次に反対側の感情「真実」に

意識を向けます。

 

3、ピューリフィケーションを

利き手の反対側の掌に落とし、

時計回りに3回円を描いて活性化させます。

 

4、ヘソの上に塗ります。

オイルが余っていたら、

前頭隆起(おでこ)、延髄(首の後ろ)と

後頭骨(頭の後ろの出っ張り)にも塗ります。

塗りながら、アファメーションの言葉を言います。

「私は錯覚を手放します」

 

5、最後に両手で鼻を包んで、香りを吸い込みます。

 

私の守護天使でもあり、ツインソウルのミッキーは、こう言っておりました。

「ネガティヴな感情が全て要らない訳じゃなく、

必要なネガティヴもある、ということ。

その状況から学んだら、自然になくなる」

 

ご参考にしていただければ幸いです。

以上、

ルーシィでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください