• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

βカリオフィレン

βカリオフィレンとは、エッセンシャルオイルに多く含まれている香り成分です。

主な働きとしては、以下が挙げられます。

・ ホルモンバランスを整える

・ ストレス緩和

・ 痛みを和らげる

・ 血行促進 新陳代謝活性

身体に取り入れる方法としては、食品として口から取り入れるより、芳香して香りを嗅いだ方が即効性があり、副作用も少ないとされています。

 

アドレナリン流出を抑制して、神経をリラックスさせるので、

・ 怒り

・ 不安

・ パニック

等の強いストレスを感じた時に嗅ぐと良いとされています。

 

βカリオフィレンを含む植物

イランイラン

フランキンセンス

クローブ

マジョラム

バジル

オレガノ

ローズマリー

シナモン

シダーウッド

その他いろいろ

 

豆知識

ローズマリーの苗木を触った事はありますか?

今は食品用として販売もされている、身近なハーブですね。

 

ローズマリーに触れると、指に香りが付きます。その香りをいっぱいに吸い込んでみてください。どんな気分になるかは、それぞれ感じてみてくださいね。

 

気軽にできる、生活の中のアロマです。

 

 

アロマ先生 りほでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください