• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

 

香りがアルツハイマーの改善に一役買うのでは?という話は巷で良く聞かれるようになりましたが、なぜ?どうして?を詳しく知ると、希望が持てますね。

 

数年前にテレビで放送されていた情報です。

 

アルツハイマー

脳内にはアミロイドβ(ベータ)というタンパク質が存在しますが、このアミロイドβが増えすぎるとアルツハイマーを発症するそうです。

 

鼻の奥、嗅神経の近くにはアミロイドβが流れ出る場所があって、鼻や口から綿棒で採取して、将来アルツハイマーになる可能性があるかを調べることができるそうです。

 

ILEI アイレイ

アイレイとは、元々脳内にあって、アミロイドβの増殖を抑える物質。

 

つまり、このアイレイを増やす方法が見付かれば、アルツハイマーは防ぐことができるそうで…

 

それには香りが作用するのでは?というところまで分かってきました!という内容でした。

(滋賀大学で25年かけて研究されているそうです。)

 

大切なのは、その香りの質

ならば香りをたくさん嗅いで、脳の活性化をすれば良いのか!となりますね。

 

でも、ここからが面白いのです。

 

人工的な香りや化学物質は、身体が異物と判断して脳内に入って行けないのだと。

 

人間の身体は上手く出来ていますねー。

 

 

朝はローズマリーとレモン

夜はラベンダーとオレンジの香りを嗅ぐと

頭脳明晰になると言われています。

 

この情報が話題になった頃、実に様々なメーカーのアロマが一斉に広告された時期がありましたが、どんな質のアロマを選ぶかも大切なんですね。

 

ヤングリヴィングの製品作りについては、管理人mikityが書いてくれています。

 

https://pari-mala.com/youngliving/

 

目的に合った物を選びたいですね。

 

アロマ先生 りほでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください