• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

こんにちは。

ゲリーの訃報から4日。

やっと感情が湧いてきました。

今まで何人も大切な人を天国に送ったけど、毎回感情が湧くまでに時間がかかります。

 

認めたくない病。笑

 

それでもゲリーから何かメッセージを貰いたくて、意識を集中させていました。不思議な現象も色々起きて、ゲリーがちゃんと存在していることは分かったの。

 

ゲリーについて伝えたい事は尽きませんが、今日はこの写真のことをお伝えしたいと思います。

 

 

 

私の一番好きなゲリーの写真。

 

すごく優しくて暖かい目をしていますよね。

 

最初にこの写真を見たとき、

わーって思った。

なんて素敵な写真。

愛する人を見つめるような目だと思いました。

 

 

これは蒸留したてのエッセンシャルオイルを見つめているゲリーです。

 

たしか、カナダのノーザンライト農場だったかな。

 

 

 

ゲリーに最後に会ったのは、ちょうど亡くなる2年前の5月13日。日本に緊急来日して、セミナーをしてくれた時でした。

 

その時ゲリーが話してくれました。

 

「私が一生懸命働くことで、誰かが助かる。私の人生はただそれだけ。」

 

そしてクスクス笑いを堪えながら、涙も浮かべながら、こう言っていました。

 

「自分でも本当におかしくなるよ。自分はこんなにも大きな会社の社長になったのに、世界中に農場も作って色々成し遂げてきた大人の、大の男なのに、今でも蒸留したてのたった1滴のオイルを見ると涙が出るんだ。

それは35年ずっと変わらない。今でも涙が出るよ。

 

その1滴が誰かの人生を変えると知っているから、何年経っても35年前に初めてオイルを蒸留して採れた、たった1滴のオイルを見た時と同じ感動を覚えて涙が出るんだ。きっとこれは一生変わらないだろうな。」

 

 

…綴りながら涙が出ます。

 

私もゲリーのオイルに救われた、何万人の中の一人だから。

 

この時の緊急来日は、確かネパールから何処かへ行く途中に急に日本で途中下車したような(もちろん飛行機ですけど。笑)、そんなタイトなスケジュールを縫って、ゲリーが日本の私達の為に作ってくれた貴重な時間でした。

 

あの時実は、ゲリーは少し元気が無さそうに見えました。体調がかなり辛かったんじゃないかなと、仲間内では心配していました。

 

もしかしたら、今だからそう思うけど、

ゲリーは自分に残された時間を感じて、出来ることは何でもしておこう、伝えようって、身を削っていたのかもしれません。

 

自分が働くことで誰かの人生が助かることが、彼の喜びだったから。

 

 

ありがとう。

ゲリー、愛してる。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください