• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

先日、7月6日

東京のヤングリヴィング日本支社で開かれたYLESで、ゲストスピーカー(?)として、初めて会員のメンバーさんやゲストさんたちの前に立った。

 

30人以上の人前に立つ事なんか、学生時代以来(^_^;)

 

カッチカチに緊張したけど、後から仲良しの会員さんや、今まで話した事がなかった方から何人も、「すごく良かった!」とお声かけをいただいて、本当に嬉しかった。

 

 

もしかすると、ゲリーも来て応援してくれていたのかも?

 

 

今回のYLESは、いつもの内容に加えて、コンベンションの報告も兼ねて行った。

 

 

コンベンションで妻メアリーが語ってくれた、ゲリーの事。

 

「彼は、ボスではなく、ファーマーだった」という言葉が、すごく印象に残っていた。

 

 

時には、世界中飛び回って、芳香植物を探し、その種を植える所から始める。

 

いつもじっとしていなかった、とメアリーが語ったように、まるで生き急ぐかのように、彼はいつも働いていた。

 

 

彼の情熱には、理由があった。

 

 

24歳で「一生、車椅子生活」とドクターに宣告されたゲリーは、神さまに祈った。

 

 

 

「神さま、僕の足を返してください。

 

もし返してくれたら、一生、人のために尽くします」

 

 

そして、奇跡が起きた。

 

 

歩けるようになったゲリーは、神さまとの約束を決して忘れなかった。

 

そして、亡くなるまでヤングリヴィングのオイルを作り続けた。

 

 

 

苦しんでいる人を助けるために、彼のオイルは作られた。

 

 

だから、たとえ他のメーカーよりも品質が良いものが出来たとしても、彼が求める成分が基準を満たしていなければ、製品化されない。

 

 

ある時、ティートリーの成分が、ほんの少しだけ基準を満たしていなかった。

 

このオイルを製品化しなければ、来月は赤字になる、と部下が言った。

 

それでもゲリーは、その時のティートリーを廃棄する決断をした。

 

 

彼は職人だ。

 

妥協して、営利目的で物を売る事より、本物である事にこだわった。

 

妥協した物に、自分の名前のついたラベルを貼りたくない。

 

ゲリーは、そんな人だった。

 

 

私の地元高知の方言で「いごっそう」という人を表す言葉があるけど、

 

彼の人となりを見ていると

「ホントにいごっそうやなぁ」

と思う事がある。

 

 

彼を信頼し、集まってくる人もいれば、ついて行けず、去って行く人もいた。

 

 

彼の知識だけを、利用しようとする人もいた。

 

 

けれど、彼の作った物をコピーする事は出来ても、それを超えることは出来ない。

 

 

彼はまさに、エッセンシャルオイル界のパイオニアだと思う。

 

 

そして、彼が30年以上研究して、彼の中にある物は、これからも誇りとともに受け継がれて行くだろう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください