• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

こんにちは。

久しぶりに植物の話をシェアしたいと思います。

前回の投稿でちょっと触れましたが、このサイトでお馴染みの、愛する天才みなっちの過去世リーディングで新たな発見がありまして。

 

どうやらわたくし、過去世でも植物を扱う仕事をしていたらしく←心当たりアリアリなんだけど。笑

 

アロマは植物のエキスですからね。

 

形を変えて今も植物と関わっているのかと思ったら、なんか嬉しい。

 

という訳で。。

 

今日はマジョラムのお話です。

 

マジョラムはシソ科のハーブです。

シソ科の植物は香りが芳醇です。

例えばクラリセージやペパーミント、ローズマリーもシソ科の植物ですね。

 

 

マジョラムは温めて癒すハーブ。身体の冷えを緩和するので、結果的に筋肉の強張りも和らげます。とても優しいハーブです。

 

 

 

 

マジョラムは天使のハーブとも言われています。落ち込んだり不安を感じるとき、温めてリラックスさせてくれるからかな?

 

 

 

 

古代ギリシャでは、恋愛成就のお守りや結婚式の花飾りにされていたそうですよ。

 

食欲、また性欲を抑えることから、純潔、純愛のシンボルとか、精神的な愛情関係のシンボルとかにも例えられます。

 

癒されたい人や、心で誰かと繋がりたい人にはおすすめ♡

 

あ、

レインドロップで使うオイルにも、マジョラム入ってます。

 

アロマ先生りほでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください