• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

 

セイクレッドフランキンセンスは、ゲリーがこれを製品化するまでに、もっとも時間をかけたオイルではないかと思います。

 

ゲリーは、オイルの原材料を求めて、世界中飛び回っていました。

そしてオマーンの人たちの癌の発症率が、とても低い事を発見したのです。

 

オマーン人は、アメリカ人の7分の1。特に健康に気をつけているわけでもないし、同じように肉も食べるし酒もタバコもやってる。

それなのに、なぜ?ってゲリーは思ったんですね。

 

(そこらへんの詳しい事は、以前ゲリーがブログに書いていますが、日本語に訳してくださっている方がいるので、検索してみてください。)

http://lumiere333.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

 

それから15年。

 

ゲリーは毎年オマーンに通い、オマーン政府と交渉し、アラブの王族以外で、唯一ヤングリヴィング社だけに、オマーン産のフランキンセンスの輸出を許可してもらいました。

そしてゲリーは、オマーンにヤングリヴィングの蒸留所を作りました。

 

それがセイクレッドフランキンセンスです。

 

 

フランキンセンスにも、色々な種類があって、このセイクレッドフランキンセンスは、

「ボスウェリアサクラ」という種が使われています。

サクラといっても、日本の桜とは全く別物です。

 

フランキンセンスの木から出る樹液を集め、樹脂タッピング法という蒸留方法を使って抽出します。

 

というのも、普通の水蒸気蒸留法では、ゲリーが求める成分が、上手く取れないんですね。

 

フランキンセンスには、一般的に抗がん作用がある成分が含まれていると言われていますが、その成分が「ボスウェリア酸」というものです。

 

この「ボスウェリア酸」は、とても分子が重いので、通常の水蒸気蒸留法ではほとんど抽出できずに、樹脂の方に残ってしまうそうです。

 

その成分が実験によって、ある癌細胞のアポトーシスを誘導し、腫瘍の攻撃性を抑制する、という報告が2012年発表されて、文献に載っています。

 

この成分が含まれるアルファピネンという芳香成分が重要で、この成分が少ないと、ボスウェリア酸も少ないと考えられます。

 

ヤングリヴィングは、これまでに3つのフランキンセンスを製品化しています。

 

それぞれの製品のアルファピネンの割合を見て見ましょう。

 

 

セイクレッドフランキンセンス

(ボスウェリアサクラ)

アルファピネン 53〜90%

 

 

フランキンセンス

(ボスウェリアカルテリイ)

アルファピネン30〜65%

 

 

フレリアーナフランキンセンス

(ボスウェリアフレリアーナ)

アルファピネン5〜9%

 

 

※現在、フレリアーナはアメリカでも販売されていないようです。

 

このデータを見ると、セイクレッドフランキンセンスが一番アルファピネンが含まれている事がわかります。

 

 

けれど、ここで単純に、上の2つに抗癌作用がある、と考えないでください。

 

ボスウェリア酸はまだ研究段階であり、この成分だけで癌が治るという保証はまだありません。

 

ただ、私がここでお伝えしたいのは、フランキンセンスといえども、種類がいろいろある、という事。

 

そして消費者は、公式に発表しているオイルの成分と、実際に売られているオイルの中身とが、ちゃんと合ってるかどうかは、確かめる方法がない、という事です。

 

 

ヤングリヴィングの創設者ゲリーが、どういう目的でオイルを作っていたか、という事は、私も前回のブログに書きました。

 

なので私は、ヤングリヴィングを信頼して使っています。

 

アロマオイルを作っている多くの会社は、オイルの材料にまで気を配っているのでしょうか?

 

ほとんどが香りを楽しむために作られており、人工的な物を混ぜて、コストダウンをはかっています。

 

アロマが流行ってるから、売れるから作る、という会社もあります。

 

 

そのため、一般的に売られているオイルについては、ほとんどが皮膚に直接塗布できる品質ではありません。

 

 

フランキンセンスのように、樹脂から作られているレジン系オイルは、神経毒のトルエンが通常0.1%含まれており、絶対に経口摂取は出来ません。

 

きちんと分子レベルまで検査されているヤングリヴィングだからこそ、安心して使えるのです。

 

 

最後に、ヤングリヴィング以外のオイルの会社がどのような種類のフランキンセンスを扱っているか、公式に発表しているものを集めてみました。

 

HAMOC     Boswellia carteri

生活の木    Boswellia carteri

プロナロム   Boswellia carteri

フロリハナ  Boswellia carteri 

アメオ  Boswellia carteri 

ミカエルザヤット Boswellia serrata

プリマヴェーラ  Boswellia serrata 

フレーバーライフ Boswellia neglecta 

doTERRA  Boswellia frereana

 

 

本当にフランキンセンスには、多くの種類があるんですね。

 

以上

ルーシィからの報告でした〜

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください