• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

 

今日はアロマの成分のお話です。柑橘系アロマに多く含まれる、リモネンです。

 

リモネン

リモネンとはオレンジやレモンなど、柑橘類の皮に多く含まれる芳香成分の一つです。

 

皮を剥いた時にプシュと出るしぶきと共に香りが広がる、あれですね。

 

 

主な作用は

・不眠や神経の高ぶりを鎮める。

・免疫細胞を活性化して、抵抗力がつく。

・抗癌、特に乳癌への作用が注目されている。

・代謝を上げコレステロールを減らす。

・脱毛の原因物質を減らす。

他にも

・抗結石作用

・血行促進作用

等があります。

 

含有量

ヤングリビングのアロマの場合、リモネンの含有量は

・レモン 59%-73%

・オレンジ 85%-96%

・グループフルーツ 88%-95%

・タンジェリン 90%-97%

・ベルガモット 30%45%

 

 

ヤングリビング農場では、農薬等の人工的な物は一切使わずに育てた植物から、アロマを抽出します。

柑橘系のアロマを作る際には、果皮しか使いません。

 

わたくし前から気になっているのですが、この果皮を剥いた後の果肉、美味しいんだろうなー。笑

食べてみたい!

 

※ヤングリビングでは植物を有効活用するため、製品化されない物は農場の肥料や動物の飼料に再利用しています。果肉はジュースになったりするのかしら?

 

 

ちなみに

男性がグループフルーツの香りを嗅ぎながら初対面の女性を見ると、実年齢より5歳若く見えるらしい…という情報もあります。

 

若く見られたい女性はグループフルーツの香りを纏いましょう。笑

 

 

アロマ先生 りほでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください