• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

 

こんにちは。お久しぶりの投稿です。

いきなりですがみなさん、コルチゾールって知っていますか?

 

コルチゾール

 

別名ストレスホルモンとも言われ、ストレスと低血糖に反応して分泌されるホルモンです。

 

 

本来は人間の恒常性を保つ為に働くホルモンですが、

 

コルチゾールレベルが高い、つまり、ストレスを強く感じている状態では、免疫力が弱まり、不眠の原因にもなります。

 

逆にコルチゾールレベルが低いと、免疫力は強くなります。

 

 

但しこれは、低ければ良いという物ではなく、低すぎるとエネルギー不足や無気力、脳内疲労の原因にもなり得ます。

 

要するに、高過ぎず低すぎず、バランスの取れた状態(中庸)でいることが大切。

 

バランスを保つには

 

身体を中庸なバランスに保つには、色々な方法があると思います。食事や運動、充分な睡眠や生活習慣の改善…。

 

それらを整えつつ、最後の一押しをしてくれるのが香り。(私の場合。笑)

 

コルチゾールレベルに優しく働きかけるビリーブ。

 

 

香りに最後の一押しをしてもらっているのか、香りのお陰で規則正しい生活を心地よく思うようになったのかは、卵が先か鶏が先かみたいな話ですが…。笑

 

 

香りは20秒で気分を変える

 

これは確かに感じています。

 

 

ストレスは自分を奮い立たせる起爆剤にも、万病の元にもなり得ますよね。

 

やっぱり中庸がいいなー。

 

 

疲れを感じたら、深く吸い込んで、笑顔で♡

 

アロマ先生 りほでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください