• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

こんにちは。アロマ先生りほです。

 

エッセンシャルオイルは大きく三つの成分に分けられますが、それぞれの働きに合った順番で使うと良いですよ。

 

三つの成分を順にご紹介しますね。

 

フェノール

フェノールは細胞のお掃除をしてくれる成分。

お肌のお手入れで言うと、メイク落としで汚れを浮き上がらせるような働きをします。

毒素を分解して、脳の受容体をキレイにしてくれます。

 

主に

・タイム

・オレガノ

・クローブ

・バジル

 

などのエッセンシャルオイルに多く含まれています。

 

セスキテルペン

フェノールのオイルで毒素をお掃除したら、次はセスキテルペンを含むオイルの登場です。

 

・ミルラ

・サンダルウッド

・フランキンセンス

・シダーウッド

 

など。

 

セスキテルペンは沈静化させる成分であり、誤って記憶された細胞内の情報を消す働きがあります。

 

 

モノテルペン

フェノールで毒素分解、セスキテルペンで誤った情報を消したら、最後はモノテルペンで正しい情報をDNAに貯蔵します。

 

・サイプレス

・パイン(パイナップルじゃなくて松です。笑)

・ユーカリ

・シトラス系いろいろ

 

 

以上

フェノールのP

セスキテルペンのS

モノテルペンのM

PSMの順番で使っていくと、より身体のバランスが整いますよ。

 

ちなみに、ヤングリビングのエッセンシャルオイルを使ったデトックスアロママッサージ、レインドロップも、このPSMの順番でオイルを使います。

 

 

脳や負の記憶もデトックスしてくれる植物の成分を、存分に受け取ることができます。

 

お試しあれー。

 

アロマ先生 りほでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください