• 自然のままの植物が生みだす奇跡のアロマオイル

こんにちは。

 

 

最近は、遊びの片手間に仕事してる、ルーシィです。

 

 

誰から聞いたんだか忘れちゃったけど、
「行動するから、次のアイデアが湧く。
一歩を踏み出せない人には、それができない」
っていうのが、最近心にすごく響いた言葉でした。

 

 

私にとって今は、ずっと好きだと思ってたけど、いろいろ理由をつけて、やって来なかった事に取りかかる時期に来ていて。

 

 

好き過ぎて、「今の自分にはまだ早い」とか、それをする事で、「もし誰にも認めてもらえなかったら、傷つく」とか、いろんなブロックがあったけど。

 

 

それを下手でもいいから、出来るだけ毎日欠かさずに続ける、というのを、今やっています。

 

それはいわゆる、創作活動なのですが。

 

 

 

小学校の低学年の時は、漫画家になりたいと思ってました。

 

 

本が大好きな子供時代は、しょっちゅう図書室に入り浸っていました。半分空想の世界に生きていて、ティーンの頃には作家に憧れるようになりました。

 

 

ずっとクリエイティブな仕事につきたいって思ってたけど、なんだかんだで勇気がなくて、結局諦めていました。

 

クリエイティブな仕事では食えない、とも思ってたな。

 

 

今のセラピストの仕事を、天職だと思っていたけど、最近何かが違う、何かが足りないと、虚しさを感じるようになって。

 

 

本当に死ぬまでこの仕事をずっとやって行きたいのか?と自問したら、答えはノーだったんです。

 

 

自分でサロンを始めようと思えばできない事はないけど、別にやりたくない。

 

 

じゃあ、何がしたいの?って素直な気持ちで出した答えが、物語を書く事でした。

 

 

創作を始めてから変わった事は、毎日が、本当に充実してる!

 

 

日常的に目の前で起きる事が、全部ネタのヒントに見えて。すべてクリエイティブに捉える事が出来て、感性が一皮剥けたような感覚を味わっています。

 

 

そんな私が最近毎日使っているのは、ドリームキャッチャーとビリーブ。
そしてアバンダンス。あと、ジェントルベイビー。それから輸入ですがアウェイクンも。

 

 

ジェントルベイビーを使い始めてから、いろんな人から、うん十年ぶりに「かわいい」と言われる事が多くなって笑

 

 

小さな子供のような純粋な心を、自分の中に取り戻したい時、ジェントルベイビーは、とても役に立ってると思います。

 

 

 

子供の頃の夢を叶える、という意味で、アウェイクンとドリームキャッチャーを使うようになり、

 

ドリームキャッチャーはビリーブと一緒に使う事で、一ランク上の自分になれると聞いて、ビリーブも足して使っています。

 

 

 

「ま、生活困ってないし、現状維持でいっか」と思ってしまう時こそ、ビリーブキャッチャーの合わせ技を使うんだとか。

 

 

そこにアバンダンスを足して、ビリーブキャッチャーダンスを毎日塗って、「夢で食える」ようになる自分を意図してます。

 

 

ところで、私を知ってる人は皆さんお気づきのとおり、継続が苦手で、すぐに弱音を吐いてしまうのですが。

 

 

今やってる事は好きな事だから頑張らなくても出来るし、やってる事自体が楽しくて仕方ない。集中しすぎて気がついたら一日が終わってる!ごはん食べることも忘れてる!(やり過ぎ)

 

 

もし頑張ってやってるのだとしたら、それって本来の自分に合ってる事なのか?そこを疑った方がいいんだって事に、最近ようやく気づきました。

 

 

頑張る事が楽しい時もあるけど、3次元の肉体って意外と脆い。先に肉体の方が悲鳴を上げ始め、まず胃のむかつき、肩が上がらない、めまい、腰痛、その後から虚無感。

 

一昨年から昨年までは肉体的にも辛かった。
オイル使って一時しのぎしても、根本的な解決をしないとダメで。

 

結局、自分の体と心に向き合うことになり。

 

 

 

セラピストやってる人の多くが、本当は癒されたいと思っていて、自分に必要だから、人にも癒しを与える仕事についてる場合が多いと言われてますが、私もその口だったんだと。

 

 

たしかにお客さんに喜んでもらえる仕事だから、やり甲斐はあるけど、自己犠牲の精神の元にやってたから限界がきちゃった。

 

 

とうとうアウェイクンで本来の自分に目覚めてしまったわけです。

 

「もう癒すのなんて嫌だー。好きな事だけして生きていたいー」と。

 

 

 

理性の自分はオロオロ。
「え?どうやって食ってくの?っていうか、この仕事が好きなんじゃなかったのぉ?」

 

 

そんな状態から脱皮をするために、オイルをいっぱい使っただけではなく、RAS という解放のワークもガッツリやり、年末から断捨離しまくって、いっぱい手放しました。

 

嫌々やってた事は、誰に何と言われようと辞めるか、今の自分にフィットする別の形に変える。とにかく自分に正直に、取捨選択を徹底的にやりました。

 

 

本当の自分でない自分を生きるのは時間の無駄だーって、感じで。

 

 

 

でも、意外と自分で自分の事を知らなすぎて、今まで築いてきた物の向こうに見えてきた本来の自分に、今はちょっと怖気付いています。

 

 

 

ただ、そういう手放しの時期を過ごしたにも関わらず、ちゃんと私に必要な人やものは、相変わらず繋がってくれている。手放しても、大切なものを失う訳ではないんですね。

 

 

そして、自分のやりたいようにやらせてくれる、今の職場の有り難みがわかったのも、すごく意外でした。

 

なので、まだセラピストは辞めずに続けております。ゆくゆくはフェードアウトする予定ですけど。

 

 

結局、自分で勝手にがんじがらめになってただけなんですよね。責任感とか、罪悪感とか、「こうあるべき」みたいな。

 

 

だから、こう考えるようにしたんです。「私はもうすでにクリエイターだ!」って。

 

 

売れない芸人さんとか、お笑いの収入がほぼゼロでも、バイトで生活してても、芸人って名乗ったら芸人だし。

 

私も名乗っちゃえって感じで!

 

以上、クリエイター・ルーシィでした。

 

画像は本文とは関係ありません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください